敏感肌でも使えるオールインワンゲルはある?敏感肌の方にとって、自分の肌に合う化粧品を選ぶことはとても大変です。

オールインワンゲル化粧品は、たった1つでスキンケアができる便利なアイテムですが、刺激が強い成分や肌にダメージを与える成分が配合されていないものを選ぶことが欠かせません。

では、敏感肌の方でも使えるオールインワンゲルはどのように選んだらよいのでしょうか?

敏感肌でもオールインワンゲルは使えるの?

敏感肌とは、お肌にかかる少しの負担でダメージを受けてしまいやすい肌のことです。その原因には紫外線、洗顔料、化粧品などの外部からの刺激があり、それによってほてりやかゆみ、かぶれ、痛みなどの症状を引き起こします。

しかし、美肌をつくるためには、敏感肌の方でもスキンケアは必要不可欠です。

特に敏感肌の方は、いくつもの種類をお肌につけるたびに摩擦がかかり負担となりますが、オールインワンゲルなら化粧水、乳液、クリーム、美容液の4つが1つで役割を果たしてくれるので、お肌にかかる摩擦を軽減することが可能です。

したがって、敏感肌の方にオールインワンゲルはとてもおススメの化粧品と言えます。

肌に優しい低刺激のオールインワンゲルを選ぼう!

オールインワンゲルにはさまざま種類があります。特に敏感肌の方が選ぶ際には、肌にやさしくて低刺激なものを選ぶことが大切です。各メーカーはそれぞれのこだわりを持ち美容成分を配合していますが、肌には個人差があるので、配合されている成分によっては肌が敏感に反応してしまう場合もあります。

また、敏感肌の方が絶対にさけるべき成分があります。それはラウレス硫酸Na、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリンなどの合成界面活性剤です。

特に石油系界面活性剤は、肌を守るバリア機能を溶かし、肌に大きなダメージを与えるので注意が必要です。また、防腐剤として配合されているパラベンもアレルギー反応を引き起こす強い成分です。さらに殺菌作用のあるエタノールやアルコールも避けることをオススメします。

バリア機能を高める成分とは?

敏感肌の方の場合、バリア機能が低下している傾向があります。したがって、バリア機能を高める効果があるセラミドが配合されているオールインワンゲルがおススメです。

セラミドは何層にも重なっている肌の角質層の間にある細胞間脂質で、水分や油分を抱え込み、接着する働きをしています。この働きを強めることで肌のバリア機能を高めることができます。

オールインワンゲルとして評価を得ている「メディプラスゲル」はセラミドが配合されていることはもちろん、オールインワンゲルでは最多の7つの無添加となっているので、敏感肌の方でも安心して使えます。この機会にメディプラスゲル試してみるのはいかがでしょうか?

まとめ

敏感肌の方でもお肌に刺激を与えない無添化オールインワンゲルなら安心して使えます。また、セラミドが配合されていればバリア機能が回復し、美肌を目指すことも可能です。